Selected by FIREHEAD hair creation

Item

送料無料・100%天然ハイクオリティーヘナ(HQヘナ)100g|やっと見つけた高品質品

¥ 1,250

【クリックポストの場合・1点から全国送料無料】 M'sハーブ(エムズハーブ) ハイクオリティーヘナ(HQヘナ)  美容師として今まで使用してきた中で1番品質が高いと感じるハイクオリティーヘナです。 ジアミンはもちろん化学物質を全く含まない(専門機関で調査済み)のはもちろん、その手間のかかった手選別製法により作られたこの商品はトリートメント効果はもちろん、発色がまるで違います。 当店ではトリートメントとして頻繁に利用しますが、ご要望があった時にはカラーリングに利用する時もあります。 サロンワークにて、カラーリングのメインメニューとしての位置ずけがし難い理由としては、発色に個人差がある点が挙げられます。 購入後、染毛に利用する場合はこの点を充分理解した上でご利用ください。 表記の通りの100%ヘナでここまでのクオリティーの発色は本当に素晴らしいと思います。 【白髪染め等染毛でご利用の場合】 ヘナ = オレンジ色 インディゴ = 青紫 の発色になる為、 サロンワークでは上記のハーブをミックスして利用します。 以下、参考までにミックス比率を載せておきます。 ーーーーーーーーーーーーーーー 【色味の目安】※個人差がありますのであくまで目安です! パターンA ヘナ1:インディゴ5 =黒褐色(濃い茶色) パターンB ヘナ1:インディゴ2 =茶色 パターンC ヘナ2:インディゴ3 =明るめの茶色 パターンD ヘナ3:インディゴ1 =かなり明るめの茶色 特殊パターン:ダブル染め ヘナ単品で染めて、一度流します。 この時点で鮮やかなオレンジ色。 その後インディゴ単品、もしくは ヘナ1:インディゴ5のミックスで染め直します。 (インディゴ単品だと稀に肌に刺激を感じる人がいます。) これは手間にはなりますが 白髪には一番しっかり染められる方法です。 48時間くらいかけて発色が進み茶色になります。 【赤味】 パターンAが一番赤味が弱く、 B・Cと徐々に赤味が増しパターンDが一番赤味が強いです。 【色の濃さ】 放置時間などで調整します。 【放置時間】 最低でも1時間はおくほうが良いです。 理想は3時間以上。 長く置くほどよく染まります。 ーーーーーーーーーーーーーーー 【使用方法】 4倍前後の量のお湯で溶いて使用します。 使用量は、根元2〜3センチの部分利用で80〜100g ロングヘアーの方が毛髪全体に使用する場合は150〜200gを当店では使用します。 【利用後髪がきしむ場合】 利用しているシャンプー、トリートメントとの相性が悪いと利用後に髪がきしみます。油分の不足が原因なので、洗浄力(脱脂力)の強すぎない質の良いシャンプー、トリートメントをご利用ください。リナティラシャンプーとの相性が抜群で、リナティラシャンプーはコンディショナーやリンスも不要です。

送料無料・100%天然インディゴ 100g|やっとみつけた高品質品

¥ 1,350

【クリックポストの場合・1点から全国送料無料】 M'sハーブ(エムズハーブ) インディゴ  ハイクオリティーヘナと同様の信頼出来る製造元が作っている天然インディゴの粉末です。 ジーンズ等の染料としても知られているインディゴ。 青色(青紫に近い)色に発色します。 白髪は緑色から48時間程かけて徐々に紫色に変化。明るい髪はマット系の茶色に。 成分:ナンバンアイ葉 ジアミン等その他化学物質を全く含まない(専門機関で調査済み)のはもちろん、その手間のかかった手選別製法により作られた商品です。 ヘナ(オレンジ)と組み合わせることにより天然100%で白髪を茶色に染めることが出来ます。 当店ではトリートメントとして頻繁に利用しますが、ご要望があった時にはカラーリングに利用する時もあります。 サロンワークにて、カラーリングのメインメニューとしての位置ずけがし難い理由としては、発色に個人差がある点が挙げられます。 購入後、染毛に利用する場合はこの点を充分理解した上でご利用ください。 【白髪染め等染毛でご利用の場合】 ヘナ = オレンジ色 インディゴ = 青紫 アワル = ほぼ透明(薄い黄色) の発色になる為、 サロンワークでは上記のハーブをミックスして利用します。 以下、参考までにミックス比率を載せておきます。 ーーーーーーーーーーーーーーー 【色味の目安】※個人差がありますのであくまで目安です! パターンA ヘナ1:インディゴ5 =黒褐色(濃い茶色) パターンB ヘナ1:インディゴ2 =茶色 パターンC ヘナ2:インディゴ3 =明るめの茶色 パターンD ヘナ3:インディゴ1 =かなり明るめの茶色 特殊パターン:ダブル染め ヘナ単品で染めて、一度流します。 この時点で鮮やかなオレンジ色。 その後インディゴ単品、もしくは ヘナ1:インディゴ5のミックスで染め直します。 (インディゴ単品だと稀に肌に刺激を感じる人がいます。) これは手間にはなりますが 白髪には一番しっかり染められる方法です。 48時間くらいかけて発色が進み茶色になります。 【赤味】 パターンAが一番赤味が弱く、 B・Cと徐々に赤味が増しパターンDが一番赤味が強いです。 【色の濃さ】 放置時間などで調整します。 【放置時間】 最低でも1時間はおくほうが良いです。 理想は3時間以上。 長く置くほどよく染まります。 ーーーーーーーーーーーーーーー 【使用方法】 4倍前後の量のお湯で溶いて使用します。 使用量は、根元2〜3センチの部分利用で80〜100g ロングヘアーの方が毛髪全体に使用する場合は150〜200gを当店では使用します。 【利用後髪がきしむ場合】 利用しているシャンプー、トリートメントとの相性が悪いと利用後に髪がきしみます。油分の不足が原因なので、洗浄力(脱脂力)の強すぎない質の良いシャンプー、トリートメントをご利用ください。リナティラシャンプーとの相性が抜群で、リナティラシャンプーはコンディショナーやリンスも不要です。

次のアイテム

すべてのアイテムが表示されました。